インテリアとアンティークソファ

インテリアの雰囲気とアンティークソファがあっている部屋は、調和がとれていて、センスもよく見えます。
アンティークソファは家具の中でも比較的大きめなものなので、アンティークソファが調和のとれていないようなものだと、部屋全体のインテリアの雰囲気が崩れてしまいます。
そして落ち着きがないような印象が与えられることでしょう。

インテリアとアンティークソファが調和しているような印象を与えるのに大きな要素を占めているものに、カラーがあり、色がうまく配色されている部屋は、アンティークソファも自然になじんで見えるきがするでしょう。
それほどインテリアにとってカラーは重要な要素なのです。
では、どのような配色バランスを取れば、アンティークソファがインテリアに馴染んでいるように見えるのでしょうか。

 

それにはまず、ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つのカラーを知らなければなりません。
まずベースカラーについてですが、ベースカラーは基調色ともいわれる色で、床や壁、天井など面積の広い部分を指します。
配色の中心となる色で、部屋全体のイメージを左右する背景色です。部屋全体の約70%を占める色といわれ、一般的にはベージュ系やブラウン系などの、個性の強くない色を使用することも覚えておきましょう。

続いてアソートカラーは配合色といわれるカラーのことで、ベースカラーとアクセントカラーを取り持つカラーについて。
ドアなどの建具や家具、カーテン、そしてアンティークソファのカラーも、このアソートカラーに含まれており、アソートカラーはベースカラーの次に広い面積を閉め、部屋全体の約25%を占めます。
アソートカラーは、ベースカラーと同系色にして調和したイメージにするか、反対色を使用して対比させたイメージにするかで、部屋のスタイルがガラッと変化するのが特徴。
一般的には、ベースカラーと同系色にして、調和させたイメージの部屋にすることが多いです。
ただし同系色といっても、いろいろなスタイルにさせることが出来るので、是非とも覚えておくと良いでしょう。

カテゴリー: News