PiP Studio(ピップスタジオ)

オランダ生まれのブランド、PiP Studio。

デザイナーであるキャサリンが生まれて初めて発した言葉が『PiP』だったそうです。
その言葉がそのまま彼女のニックネームとなり、ブランドの名前になりました。

家族や友人に囲まれて過ごす楽しい時間が想い出に残るのと同じように、
ピップのコレクションもそんな忘れられないひとときを彩ります。

フラワープリントや小鳥のモチーフ、 独特なカラーと斬新でありながらも
温かみのある遊び心いっぱいのデザインは、思わす一目ぼれしてしまいます。
ヨーロッパを中心に各地で人気を博している注目のブランドです。


http://item.rakuten.co.jp/ma-fa/10000390/


http://item.rakuten.co.jp/ma-fa/10000391/

只今、当店オンラインショップ
新生活応援キャンペーン実施中です。

 

 

 

カテゴリー: News

胸像

当店で取り扱っている胸像の一部をご紹介致します。


アポロン神(…しん)ギリシャ神話に登場する神。
ローマ神話のアポロ神に当たる。太陽神。
http://item.rakuten.co.jp/ma-fa/10000282/


アウグストゥス(ローマ帝国の初代皇帝)
http://item.rakuten.co.jp/ma-fa/10000410/


ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)

http://item.rakuten.co.jp/ma-fa/10000232/

装飾時に役立ちます。

オークウッド コラム
http://item.rakuten.co.jp/ma-fa/10000411/

 アンティーク仕上げで重厚感のある胸像達です。
玄関先やサイドボードの上に置けば、確かな存在感を感じることができるでしょう。

カテゴリー: News

家具師『リーズネル』

ルイ16世様式最大の家具師『リーズネル』は、
マリー=アントワネットがお気に入りのは家具師でした。

リーズネルは、世界でも最も驚くべき家具のひとつ、 ヴェルサイユ宮殿のルイ15世の執務室の机を製作。

王の執務室に置かれたルイ15世の円筒形の書斎机を製作したのを皮切りに、王室御用達家具職人になりました。

斬新なデザイン、洗練された寄木細工、品質の高いブロンズのディテール。
何よりもその機能の創造性において他の追随を許さない見事な家具を製作しました。

その機能とは、書斎机全体を鍵の一ひねりで閉めることが可能で、ボタンを押すだけでそれを開けることができるという画期的なもの。

この家具がもたらした威光は絶大で、リーズネルの名声を決定的なものにしました。
その後、宮廷からの注文が多く寄せられ、リーズネルは十年以上にわたって王宮の主な御用商人として活躍するのでした。
しかし法外な価格を理由に一部の顧客は彼を離れてしまう者もいました。
それでもマリー=アントワネットは、引き続きリーズネルをひいきにしたそうです。

リーズネルは、ルイ16世の遊戯の間のために角の戸棚を四つ納品。
また同年に、王のために新しい見事な家具を製作しました。
それがヴェルサイユ宮殿の王の寝室のたんすである。

そこには、直線的なライン、低くてどっしりとした外見、豊かに使用されたブロンズの存在感、寄木細工で飾られた中央の台形の突起部など、宮廷家具師が取り入れた新古典主義様式の特徴が結集されています。

この家具に見られる重厚なスタイルは、王の図書室にあるセコイヤ製の大きな机などに見られる簡素なスタイルとは対照的なものとなってます。

リーズネルがマリー=アントワネットのために納品した家具は、彼の作品の中でも最も優雅で斬新なものだったそうです。

ヴェルサイユ宮殿の貴人の間に納品されたタンスと二つの戸棚には、寄木細工の代わりにより簡素なマホガニー張りが取り入れられていて、ブロンズの使用も少なく、控え目のブロンズ装飾となってます。

一方、フォンテーヌブローの彼女の私室には、螺鈿を使った繊細な家具を納品。この作品はその種類の家具としては極めて珍しいものだった。また、小トリアノン用に彼が製作した数々の独創的な家具には、角を丸くした筆記用の机、マホガニーとブロンズを使った同一スタイルの食器用コンソール(テーブル)などが含まれます。

カテゴリー: News

ベルサイユ宮殿

昨夜、NHK世界遺産でベルサイユ宮殿を取り上げていました。

すべてにおいて豪華。装飾もふんだん。
思わずうっとり、見ていて思わずため息がこぼれました。


当時の最高の技術でつくられたのでしょうね。

 

そんな中、私が興味をもったのは、時計の数々でした。

300年以上前のが今でも動いている事の感動。
なにより一番ビックリしたものが、天文時計でした。

月日や時刻の他月齢を知る事が出来る。
さらに、クリスタル球はコペルニクスの理論に基づいて、
太陽の周囲をまわる惑星の動きが装置されているのです。

当時の文明のすごさに感動が止まりませんでした。

現代の文明でも解明出来ない事・・・
ひょっとしたら昔の人たちは解明していたのかも知れないですね。

 

もう一つ有名なのは、
そんな美しいヴェルサイユ宮殿に意外な物があると話題になりました。

それは上から見るとわかるのですが・・・
ディズニーの噂・裏技・裏話_ヴェルサイユ宮殿に隠れミッキー

衛星写真で上空からヴェルサイユ宮殿を見ると
まるでミッキーのような模様が浮かび上がります。


ちなみにこれ、子供が発見したそうです。

子供の純粋な気持ちで眺めると、大人には見えない世界が見えてくるのかもしれません。

カテゴリー: News